ほくろの治療を申し込み【レーザーは個々の状態によって使い分け】

女性

お肌を綺麗に

水着の人

レーザー技術の恩恵

紫外線など外部からの刺激からお肌を守る働きをしているのがメラニンですが、このメラニンが過剰にできてしまうとほくろとなってしまいます。ほくろは、チャーミングポイントとなることもありますが、数が多くなりすぎたり、場所によっては悩みの種となったりすることもあります。もし、ほくろがコンプレックスとなっているようでしたら、皮膚科や美容外科などで除去することが可能です。ひと昔前はメスを使って切除していましたが、最近は全く違う方法で除去します。どのような方法で除去するかと言うと、特殊なレーザーを使います。近年レーザー治療は様々な分野に利用され、その技術的な進歩には目を見張るものがありますが、ほくろもその恩恵を受けているというわけです。簡単にレーザー治療を説明すると、ほくろにレーザーを照射することで患部のみを瞬時に蒸発させることができます。傷跡もほとんど残らないのが大きなメリットで、痛みもほとんどありません。アザやイボなども除去することができ、まさに理想的な治療法と言えるでしょう。ほくろを除去するための手術は皮膚科や美容外科で行うことができます。除去方法は大きくメスで切除する方法とレーザーを照射させて除去する方法の2通りがありますが、最近はレーザー治療が主流になってきています。レーザー治療にもスイッチヤグレーザーと呼ばれるピンポイントでレーザーを照射することができる方法と、肌にある水分に反応し水分もろとも組織を蒸発させる炭酸ガス(CO2)レーザーと呼ばれる2つの方法があります。前者は比較的小さく盛り上がっていないタイプのほくろを除去するのに向いており、後者はお肌の表面だけでなく深いところまでレーザーで焼いていくので、5〜10mm程度で盛り上がっているタイプのほくろにも効果的です。どのような方法で治療が行わるのかは病院によって異なりますので申し込みをする前に確認しておく必要があります。カウンセリングにおいて治療計画を聞き、費用などもきちんと確認しましょう。当日はメイクなしか、部分的に落として準備しましょう。なお炭酸ガスレーザーでは麻酔を行います。