ほくろの治療を申し込み【レーザーは個々の状態によって使い分け】

女性

美容系クリニックで美しく

看護師

悩みの原因を1日で解決

顔などの人目に付く所にほくろがありましても、美容整形クリニックで治療すれば、1日で悩みの原因を取り除けるのが特徴です。初回のカウンセリングの直後でも施術してくれるクリニックが見られるため、そこなら今すぐ何とかしたいという願いも叶えてくれます。また美容系のクリニックは、ほくろの治療でも、仕上がりまで美しく整えてくれるのが特色です。ほくろをキチンと治すのは当然として、治療後の見栄えも考えて施術しますので、その点は美容系クリニックならではのスタンスです。例えばレーザー治療でも、照射範囲をできるだけ最小限に抑えてくれますから、小さな傷跡で済みます。もちろん、レーザーで除去する際は事前に麻酔をしてくれるため、施術中に痛みを感じることはありません。さらに、早ければ5分や10分で終わってしまうのもレーザー治療の特徴で、忙しい方でも手軽に治せるようになっています。ですから、気になっているほくろがありましたら、まずは美容系のクリニックで相談してみると良いでしょう。美容系のクリニックでは、ほくろのサイズが小さければレーザーで治療するのが一般的です。この施術なら肌を切らずに済みますので、縫合や抜糸の必要もなく、アフターケアは患部に保護テープを貼るだけとなります。施術直後は、ほくろを取り除いた部分はほんのり赤みを帯びていますが、保護テープの上からメイクもできるため、それほど目立つことはありません。ただし術後の患部は表皮がない状態ですから、直射日光に晒さないようにしましょう。以上がレーザー施術の大まかな基礎知識ですが、紫外線を浴びれば色素沈着が起こりやすいので、UVケアをしっかり行う点にも気を付けましょう。クリニックが渡してくれる保護テープは、殆どの場合遮光タイプですから、医師から指示された期間はできるだけ貼っておきましょう。一方、美容系のクリニックでも、ほくろの種類によっては保険を使える場合があります。その際は3割負担で治してもらえるため、必要に応じてカウンセリングで確認してみると良いかもしれません。しかし保険治療では病理検査に出せる施術方法に限られる傾向があり、ケースによってはそれほど安くならないパターンもあります。そこで、保険治療を希望する時に、併せて自由診療の金額を聞いておくのもよいでしょう。