ほくろの治療を申し込み【レーザーは個々の状態によって使い分け】

女性

除去の負担は千差万別

カウンセリング

切るか焼くかが一般的

体にできたほくろは、時折外観に影響を及ぼします。とくに顔にできたものは強い違和感をもたらし、肝心な第一印象さえ左右されます。ほくろにコンプレックスを覚えるという人も少なくありません。人付き合いにいらない不安を抱えたくないなら、取ってしまうのも手です。治療を受けるとなれば、行くところは整形外科なのですが、行く前にどんな治療法があるかを知っておきましょう。目的は同じでも、値段などが違います。方法の選択を間違えると、予想以上にお金がかかることもあり、結構大事です。一般的な方法では、直接取り除く方法が知られています。具体的には、メスでの切り取りや特殊パンチ器具を使ってのくり抜きです。切り取るとかくり抜くとか痛そうに感じますが、麻酔を使うためそこまで痛くはありません。若干の傷みはありますが、苦痛に感じない程度です。それでも痛いのが嫌なら、整形でおなじみのレーザー治療があります。レーザーは直接的な方法より痛みが少なく、傷も小さく済むことがメリットです。体の負担を抑えて除去をしたい人に向きます。しかし、その反面費用が高いため、お手軽な治療がいい人には敷居が高いことがあります。ほくろを取る方法だけでもこれだけあります。自分に合った方法を選びましょう。ほくろ治療は誰でも受けられますが、注意点もあります。一つは、ほくろの大きさによっては治療期間が長くなることです。大きさ数ミリの小さなものはすぐに取れても、その何倍もあるような大きなものは一度では無理なことがあります。理由は体の負担が大きくなるからです。例えばメスで切り取ってもらう場合、ほくろがあったあたりに大きな傷ができます。傷が大きくなれば多量出血や細菌の感染などリスクが生まれます。他の治療にもそれが当てはまるため、大きなほくろは時間をかけることが必要なわけです。もう一つの注意点が、色素の沈着度合いによって効果の出方が変わることです。深い部分まで沈着があると、表面だけなくしても完全に取れないことがあります。効果の高いレーザーも例に漏れず、奥の色素までは効果が及ばないこともあります。しかし、照射するレーザーのタイプを変えることで除去できる場合があるため、深い沈着が発覚しても諦めずに医師と相談してみましょう。個人のほくろの状態によって、期間や効果が大きく変わることを覚えておきましょう。